活字萬年堂



一号線を北上せよ

4号線の近くに住んでいたことがある編集長です。

一日一日がヒジョーに長く感じます。時間があるならなんかすりゃあいいじゃん、とも思うんですが、11時に起きた時点でもうやる気ナシ(自分にしてみりゃかなり早起きですがね)。どこか行こうにもギプスをはめた手がネックでねえ…。昨日の上野公園なんてホント頑張ったほうですよ。

そうなったら家で本を読むしかない。てことで、今日はこんな本を読みました。

『一号線を北上せよ』(沢木耕太郎)

この本、初版発行が2003年2月17日(いま調べてみて自分の誕生日ってのに驚いた)。実際買ったのはその年の4月。しおりは152ページで止まっている。買った覚えはあるのだが、内容はさっぱり覚えていない。実はそんな本が結構ありまして、これは氷山の一角でございます。

動けない間にそんな本を読みきってしまおうかなと。

で、この本。沢木耕太郎の紀行文は大好きで、「深夜特急」も読んでおります。「深夜特急」を読んだときは面白くて一気に読んでしまったのに、なぜかこの本は途中で止まった上に内容まで覚えていない。

この本を買った2003年4月って…。と思い出してみると、本をしっかり読んでいられる精神状態ではなかったはず。3月には会社の上司が亡くなり、4月中には一冊の小説を書き上げなければならない状態。会社にも泊まりこんで原稿を書き、体力的にもかなり厳しかった。でも逆に、本を買って152ページまで読む余裕はあったんだな、と思ったり。

ま、そりゃあ覚えてないわな、と思いつつページをめくる。

この本は短編集で、テーマを持った紀行文が7本。やはり沢木耕太郎の紀行文はうまいと思うのだ。こんな文章がかければな…と。情景が浮かぶ上に、沢木耕太郎が考えていることの描写もかっこよいし。紀行文というか旅行記に関しては、その当時蔵前仁一のほうが好きだったんだけど、いまよくよく読んでみると自分が目指したいのは沢木耕太郎のほうなんだろうと。

中国留学してから変わったのかも。実際向こうで生活してみると、1週間程度旅行しただけではこの面白さはわからんだろう、ということがたくさんあったから。とはいえ、1週間程度であっても異文化に触れるのは、それはそれで楽しいわけですが。となると、その間に何かテーマを持って旅するってことがいいのかなと。どこへ行った、何を見た、すげー、もいいっちゃいいんだけど、この本に載ってる旅みたいなものに惹かれるわけです。

んなこと言っても実はまだ152ページにすらたどり着いていないんだけどね。


【コメント】

ニート2号さん

なんかスパムのようなコメントですな…。
私は天王星人ですか。そうですか。
「編集者が最適」って書いてあったけど、何気に天職についてるってことか?
あ、今はニートですけどね。

気が多いというのはわからんでもないな…。
ただ、
「自分からアプローチしなくても、異性のほうから近寄ってきますから、異性にモテないていった悩みをもつことはありません。」
ってのはどうなの?
これまでの人生でそんなことなかったんですが…。
悩んでばかりです。
Posted by:編集長  at 2006年10月21日(土) 12:01

--------------------------------------------------------------------------------


誕生日のハナシが出たので調べてみました。
興味は無いと思いますが…。

編集長は六星占術での分類では「天王星人(-)」です。
性格は、
http://generator.squares.net/04.html
こんな感じです。

誰とでもうまく付き合えるのが天王星人。うらやましいです。

余談ですが、この前テレビを観ていたら、
天王星人は恋人を選ぶときに「エースを選ばない」と言っていました。
つまり、高嶺の花よりも自分の身近にいる人を選ぶそうです。

あと「博愛主義」で、言ってみれば「気が多い」ということだそうです。
…ちょっと笑ってしまいました。
Posted by:ニート2号  at 2006年10月21日(土) 00:50

[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-20 03:16

文化のかほり

健康で文化的な最低限度の生活をしております編集長です。

昨日はどうしても夜眠れず、「ええい」という感じで朝まで起きておりました。で、何を思ったか「文化のかほり」を感じてみたくなり、通勤客でいっぱいの電車に乗り、上野公園まで行ってきました。朝からくたびれたサラリーマンを「君たちも大変だね、フフン」という感じで見ながら。ま、向こうからしてみれば「ニートで将来大丈夫? フフン」みたいな感じでしょうが。

とりあえず、身体も精神も仕事も大丈夫じゃないっす。

上野駅の公園口にはいろいろな展示のパンフレットが貼られていました。「何を思ったか」なので、何かの展示を見に行こうと思っていたわけではなく、「何かやってるだろう」と。

そしたら、結構いろいろやってるんですなあ。

「大エルミタージュ美術館展」
「ミイラと古代エジプト展」
「ベルギー王立美術館展」
「仏像 一木(いちぼく)にこめられた祈り」
「ダリ回顧展」

上野公園内だけでこんなにやっております。

芸術の秋ですなあ。おお、これが「文化のかほり」…。ううむ、文化とはちょっとキツめのかほり…。と思ったら銀杏があったりして、このせいかと思いつつもホームレスの方々が多数お休みになっており、文化とは一言では表現できないものだなと感じたものでした。

その中から選んだのが「大エルミタージュ美術館展」。

特に理由はないんですけど。今日が初日らしかったので、それだけ。実際、絵画ってそんな興味ないんす。「文化のかほり」とかなんとか言ってたのは何なんだというハナシもありますが、ま、一言では表現できないものっすから。

でも、見てみたらすごいっす、コレ。ゲージツとかよくわからんが、純粋にすごいと思う。一応、ゴーギャン、モネ、ルノワール、ピカソをウリにしてるみたいだけど、ほかの作品もレベル高いわ。一番ツボだったのが、オスヴァルト・アヘンバッハの「ナポリ湾の花火」。サイト上に画像がないかと思って検索してみたけど、ないようなので見たい人は見に行っちゃってください。

どんだけよかったかというと、もし俺が金持ちならばその場で「コレ包んで」と言うところ。ま、包めなかったのは私の不徳のいたすところでありまして、代わりといってはなんですが「ナポリ湾の花火」のポストカード(100円)を包んでもらいました。

なかなか文化のかほりを堪能できたので、次は違う文化のかほりを嗅ぎに行ってこようと思っております。ニートのうちに。

次は「ベルギー王立美術館展」ですかな。ルーベンスの絵もあるらしいので。明日また行ってみるか?
[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-19 03:14 | イベント

風呂で読書

意外に風呂好き編集長です。

起きてみるとなんと14時。朝8時に目覚ましをセットしたはずなのに…と思って携帯を見てみると、電源が切れてる。電源が切れてても目覚ましをセットしてたら鳴るはずなんだけどね。

と、これがまだ会社を辞めてなかったら、と思うと…。

そんな時間に起きたせいで、メールだの就職情報だのチェックしてたらもう世の中は真っ暗。太陽もせっかちやね。

さて、いつものことながらニートは本を読む時間がないのです。いや、正確に言うと、時間はありあまっているんですが、ありすぎていつ本を読めばいいのかわからないのです。仕事してたときは電車の中とか昼休みっていう時間があったんですがね。なんか束縛されてたほうがいいんですかね。Mですしね。

てことで、ダイエット中にやっていた半身浴を。そう、半身浴中に本を読もうと。ダイエット中は横山光輝の「三国志」を読んでたんですが、全巻読破する前にダイエット終了。董卓の圧政はまだ続いているようです。

半身浴のときに読む本のセレクトってちょっと重要。昔「フロ単」っていう、水にぬれても大丈夫な英単語本がありましたが、あれってカビるらしいっすね。てな感じで、風呂に落としてもふやけたりしてもいい本をセレクトせにゃああかんのだ。

セレクトの条件とは…

1.保存しておくほどのものでもない。

2.楽しく読める。

3.…。

ま、そんなもんか。「三国志」は保存しておくほどのものなんだが…。言行不一致が魅力の編集長です。

で、本を探したら、ありました。「本の雑誌」。しっかり楽しく読めるものの、永久保存版ではない。しかも、使用している紙がまたいいんだ。着飾ってないというか、いい紙使ってませんってかんじで。まさに雑誌。

そんなんこんなで45分くらいフロに入っていたでしょうか。もう汗だく。ギプスの中も汗かいてるのがわかるくらい。毎日何の予定もないニートですから、明日もやってみましょうかね。


【コメント】

youmeiさん

仕事やめてしまいました。成都に行けないようなので。なので次は自ら成都へ!

というわけではなく、まずは怪我治して、と。日本で頑張ります。
Posted by:編集長  at 2006年10月19日(木) 23:46

--------------------------------------------------------------------------------


お久しぶりです。
あれ、仕事やめてしまったんですね。
次はいずこに?
Posted by:youmei  at 2006年10月19日(木) 18:45

[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-18 03:12

早起きしてジュンク堂

骨折ダイエット編集長です。

こんな時間に日記を書くってのは、会社を辞めたメリットですわな。いや、それだけではないぞ。会社が休みの日でもこの時間は寝ているわけだし…。なぜこんな時間に起きているのかというと、病院に行かなければならなかったから。ということは骨折のメリット…?骨折して筋肉がガタ落ちしてダイエットもできたことだし(1カ月でマイナス5キロ)、骨折ってみるのもいいかもね。

実際つらいっすけど。

病院行ってみたらまた再来週来い、と。まあそれなりに骨はくっついてきているけど、まだギプスは取れませんよ、と。これで丸三週間経ったわけですが、やはりまだまだですな。全治六週間と言われていたので、再来週ギプス取るならほぼ予想通り。今月いっぱいはまだ不自由なままか…。再就職への道はまだまだ遠い。が、フリーでやっていって就職しないというのもアリか?

しかし病院へ行ってみると、自分よりもヒドイ症状の人が多い。整形外科に通ってるので、ギプス、車椅子、松葉杖は当たり前。見ているだけでこっちもつらくなってくるので、雑誌を取り出して目をそらしたり。手術も必要ない骨折ですんでるし、自分はまだいいほうですな。

さて、その後池袋のジュンク堂へ。

以前は書店といえば新宿へ行っていたのですが、今は池袋が近いので新宿へ行かなくなってしまったのです。池袋近辺やいま住んでいるところの近辺は本屋がパッとしないんですが、ここジュンク堂だけは別。

本屋って言ってみればセレクトショップ。その本屋の味というか、スタンスというか、ただ多くの本を置けばいいってもんじゃないんですよねえ、これが。その点、ジュンク堂はなかなか。本の数は言うまでもないですが、購買意欲をヒジョーにそそるわけです。

で、買ったのが「旅行人」と「スカウト11月号」。「旅行人」は季刊になる前は毎月買っていたんですが、季刊になった頃に中国に留学したため、だんだん疎遠になってました。留学を終えて自分の旅に対する見方も変わってきたし、旅行人も情報詰め込みQ数下げまくりから変わったみたいだし、どうつきあっていこうか楽しみです。

「スカウト」は、普段は買うつもりもないんですが、今月号はブックカバーが付録でついてるんですな。それで500円。500円でブックカバーを買ったと思えばお得です。しっかりした革製だし。次はこれに合う文庫を買いに…。

と、何事も格好から入る編集長でした。


【コメント】

ニート2号さん

アンタはしっかり勉強やってるからニートではないでしょ。
あれ、睡眠学習でしたっけ?

最近、ブログはテーマがないと続かない、ってことがわかりました。
昨日「成都世界」を読みかえしてみて、自分のことだからかもしれないけど結構面白かった。
やっぱりテーマというか目標みたいのがないとダラダラしてしまいますな。

今回はテーマ決めたんでしっかりやりますよ。
Posted by:編集長  at 2006年10月18日(水) 16:51

--------------------------------------------------------------------------------


ちはるさん

ま、そういうことですよ。
自分の場合、大抵ジーンズ&Tシャツですけどね…。

「スカウト」は20代、30代の仕事を取り上げてる雑誌で、「アントレ」って雑誌の増刊ってことになってます。
たまに面白い特集やってるんだけど、リクルート特有の「読者をあおる」手法がちりばめられてる感じです。
要は「リクナビ見なさい!」ってことが言いたい雑誌かと。
編集長的には立ち読みで事足ります。
Posted by:編集長  at 2006年10月18日(水) 16:46

--------------------------------------------------------------------------------


ようこそニートワールドへ。
(ヤな世界だな~)

mixiはね~招待状もらったけど、自分の名前考えるのとかメンドーで登録のとこで挫折した。
ご存じの通り編集長みたいにマメじゃないからさ~(あと、「若者文化」という先入観があるので入場権はないかと…。)

今回は「活字」がテーマなんだね。
私は編集長に勧められた作家の本は、全部読破しましたよ~

じゃあ心身ともにお大事にね。

Posted by:ニート2号  at 2006年10月18日(水) 11:26

--------------------------------------------------------------------------------


格好からはいると、気持ちがビシッとなるよね。
パジャマでスッピンのまま一日過ごしてしまうのと、メイクして出かける、この違いみたいな感じ。
たとえ、着替えたものがジーンズ&Tシャツであってもね。

「スカウト」ってどんな内容ですか?
Posted by:ちはる  at 2006年10月18日(水) 00:00

[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-17 03:10

PAPER SKY

編集長といいつつもニートです。

ええ。会社辞めてしまいまして。それもこれも会社やクライアントが悪いからでして、

「校了日に台割変更、ページ削減って何じゃそりゃああ!!」

とクライアントの薄いアタマに赤字を入れてしまった責任をとって辞めたわけではなく、右手が使い物にならないからクビになったわけでもなく、単に一身上の都合でして。

で、今日は会社を辞めて最初の平日だったわけです。

家からは1回しか出ませんでした。今日発した言葉も、コンビニで店員さんが「お弁当温めますか?」という問いに対し、

「あ、お願いします」

と答えただけ。

まあ、こんなことも珍しいわけではなく、過去ニートになったときにもこんなことはしょっちゅうでした。

が、今日ふと思ったんですな。

俺、電車に乗っているときしか本を読んでない。今日は「PAPER SKY」をパラパラめくっただけ。

この雑誌ってパッとしませんな。デザインでなんとかもってるような印象…。季刊でオールカラー。コレ見てたら「旅行人」を思い出してきますな。

明日は病院ついでに「旅行人」でも買いにいきますかね。
[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-16 03:08

活字中毒未満

編集長です。

「三度のメシより本が好きだ」という人がおりますが、私は三度のメシも大好きです。

三度と言わず何度でも結構です。室町時代は二度だったといいますから、そろそろ四度の時代が来てもいいと思います。切に願っている次第でございますが、時代はまだ自分に追いついていないようです。

四度になると、「三度のメシよりは本だけど、四度だったら…メシかな」などという人も出てくるはずです。そうやって主張をコロコロ変える人もいるでしょうが、私は一貫して本もメシも大好きです。

とにかく本(活字)が好きです。


【コメント】

ちはるさん

キーボード打つのも大変ですよ。というか、キーボードはまだ楽なほうで…。生活全般が大変。風呂は右手をぬらさないように入らないといけないし、箸は左手で持たないといけないし、何をするにも左手です。

こうなった理由はまた後ほど…。
Posted by:編集長  at 2006年10月17日(火) 14:31

--------------------------------------------------------------------------------


骨折!?
しかも右手じゃないですか、編集長!
キーボード打つのも大変でしょう。

どうしちゃったの?
Posted by:ちはる  at 2006年10月17日(火) 14:16

--------------------------------------------------------------------------------


tj-zeroさん

本好きが高じて編集者になって、その余勢をかってニートになってしまうくらい私も本好きです。「本の雑誌」も愛読してます。

またどうぞ。
Posted by:編集長  at 2006年10月16日(月) 20:47

--------------------------------------------------------------------------------


 はじめまして。

 オレも本好きです。『本の雑誌』を毎月、愛読しております。

 スワブロには、読書ネタが少ないので、期待しております。
Posted by:tj-zero  at 2006年10月16日(月) 00:56

[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-16 03:03 | スワブロ

本屋はしご

活字中毒編集長です。

 有給休暇中は有意義な時間を過ごそう、と仕事している間は思っていても、結局は寝てばかりなんですな。今日動き出したのは夜9時から。モーレツに本が買いたくなったので、本屋に行こうと家を出たものの…。

 ウチの近くの本屋ってパッとしないんだよね。

 引っ越して3カ月、その点ちょっと住む街を間違えたかなと。充実した品揃えの書店は必須。

 そんなこんなで最寄り駅から2つ先の駅の間の本屋をはしごしまくりました。いくらはしごしても結局はパッとしない本屋ばかりだから、品揃えもパッとせず。一軒のいい本屋にはかなわないんですな。

 え、本日の収穫? ええ、一冊も買ってません。
[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-11 13:06 | 生活

マジック1

わがスワローズは永遠に不滅です編集長です。

 おいおい中日は今日優勝したぞ、と思って読んでいる方、残念でした。違います。

 かな~り昔、「巨人軍は永遠に不潔です」という垂幕を広島市民球場のバックネットに掲げたおっちゃんがおりましたが、まさにその通りだと思います。いろんな意味でその通りだと思います。そのおっちゃん、実は読売ファンで、今のように読売の権威が地に落ちる以前にこのように警告を発したのは読売ファンにしては上出来です。

 ま、読売以外の人たちはみんな気づいてましたけどね。気づかなかったのあんたらだけですからね。

 そんななか、携帯にわがスワローズからメール(スワローズ通信)が。

「スワローズファンの皆様、今シーズンセリーグ3位が確定しました」

 終戦宣言メールか。むむう…。ま、今回は中日にゆずってやったということで。

 で、マジック1とはなにかといいますと、残り出勤日数でございます。今日終了して、残りは金曜日に出社すればそれで退職。うひょー。

 手も骨折してますしゆっくり休養しちゃいますよ。就活はそのあとでも。なんなら成都へ遊びに行っちゃいましょうかね。ということで、こちらの優勝は金曜日に持ち越し。自由っていいですな。
[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-10 13:05 | 生活

筋肉を見つめなおす

骨折してから右手の筋肉ガタオチの編集長です。

 働けど働けど我暮らしらくにならざりじっと手を見る…

 手を…

 腕を…

 右手中指を骨折してからもうすぐ3週間。早いものです。完治までにはあと2週間はかかる予定ですが、それももう折り返しか…。と右手首までギプスで固定された右腕をさすりさすり。

 ん?

 腕が細くなってる…。

 そこら辺のナイスバディのおねーちゃんと同じくらいの細さではないかっ。いや、ナイスバディである必要もないのですが、まあどうせならナイスバディのほうが。俺だってダイエット前は走ったら胸が揺れるくらいだったのだぞ。

 自慢にはならないですけどね…。

 筋肉つけるのは大変だけど、落ちていくのははやいもんだなあ、と筋肉を見つめなおしていたら、ここにも筋肉を見つめなおしている人が。

なかやまきんに君「筋肉見つめ直したい」ロス留学
http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_09/g2006091202.html

 私も中国に留学して自分を見つめなおしたこともありました(勉強もせずにボーリングばかりしていただけとの噂も)し、なかやまきんに君(27)はがんばってもらいたいものです。
[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-09 13:04 | 生活

再開

編集長です。

右手を骨折してから約2週間。

右手が使えないのがこんなに不自由なのかと痛感し、休みでも何もできないことにずっと塞ぎこみ、時間があれば家で寝てるばかりの生活でした。それにもそろそろ飽きてきたし、右手が不自由でもできることはやってみようと思い、まずはブログから再開してみました。

右手が治るまであと3週間。
[PR]
# by editor_in_chief | 2006-10-08 13:03 | 生活


寒くなってきましたね。 editor_in_chief@excite.co.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
Blog Links
検索
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧