活字萬年堂



<   2004年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


大晦日

煩悩だけは人に負けないへんしゅうちょうです。

 年末だけは日本にいたかったとつくづく思っております。日本にいれば勝手に周りが盛り上げてくれるので。有馬記念だとかPRIDEだとかなんとか。こっちは全然新年という雰囲気がなく、普通の週末に毛が生えた程度でした。カウントダウンのときテレビをつけてたんですが、ニュースキャスターも新年なんて気にもせずフツーにニュースを読み上げてました。

 話は前後しますが、授業が終わった後、同屋の相互学習相手の中国人も交えて昼食。で、そこから夕方まで遊んでいたんですが、同屋は髪を切りに行く、ということでなんとなく中国人の相手をむりやりさせられた格好に。あまり話もしたくなかったんで(ちょっとひとりになりたい気分)、部屋でDVDを見ることにしました。そしたら、映画の途中でイキナリ「自分たちが日本語で演じた劇のDVDがあるので、それを見ましょう」とのこと。

 ちょっとこういう押しには弱いので、

「はぁ」

とテキトーに流しつつ見てやりましたよ。オトナなんで。その中国人は、

「あいつ、なに、おもしろいよ~」とか

「これ、おもしろいね~」とか

「この格好はおもしろいです」とか

おもしろいを連発するんですが、ハッキリ言いまして、



お・も・し・ろ・く・ないッ!


 おおおおこんなことで大晦日という大事な一日を過ごしたくないっ! と思っていたところに同屋帰宅。おお! よくぞ帰ってきた我が同屋よ! というか、お前が相手しろ! ってハナシですが、とりあえず助かりました。

 んで、まあいろいろ紆余曲折があったんですが、中国人2人と日本人4人で上記の通りかる~く年越ししたと。その後は韓国人の同学の部屋で遊んでましたとさ。韓国人同学たちとは久しぶりにしゃべったんで、なかなか楽しいひとときを過ごせました。韓国人同学が誘ってくれなかったらかな~りツマラナイ年越しになっていたことでしょう。韓国人同学に感謝。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-31 09:10 | 留学日記(成都世界)

腹痛

やめられないとまらないへんしゅうちょうです。

 昨日火鍋に行ったせいで本日は腹痛です。今日は絶対学校に行くということを韓国人と約束していたのですが、そんなこたあ知りません。火鍋後の腹痛だったら仕方ないと。

 で、火鍋ってこんなカンジです。

c0099111_981389.jpg


 基本的に見た目は地獄の一丁目です。



c0099111_991989.jpg


 食べると腹痛になるということをわかっているのに、つい行ってしまうというこの魔力。同屋が旅に出ていてしばらく火鍋を食べていなかったので、ちょっと行きましょうと数名誘って行ったワケです。ちなみに今回参加した人たちは「川大留学生火鍋隊」(学校非公認)のメンバーです。メンバーのひとりがドタキャンしたので、そいつは軍法会議にかける予定。

 てことで、今日は特に何もしてませんと。昨日のことでお茶を濁しましたと。以上。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-30 09:06 | 留学日記(成都世界)

湯たんぽ

湯たんぽのようにあたたかい人柄のへんしゅうちょうです。

 湯たんぽ買いました。こんなん使うの小学校以来やね。ぬくぬくやね。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-29 09:06 | 留学日記(成都世界)

さらば~すばるよ~♪

目を閉じて何も見えないへんしゅうちょうです。

 四川大学には出国培訓部というところがあって、毎週月曜日にそこの日本語中級クラスの授業にお邪魔させてもらっている、ということは以前に書いたとおりですが、その出国培訓部の人たちで新年会?を開催するということで、見学に行ってきました。自分以外に日本人2人も一緒。

 彼らはみんなで「すばる」を歌うというのです。しかし練習したのは1回だけ。そんなんで大丈夫なのか? と思い、「ちゃんと歌えるの?」と聞くと、


「へんしゅうちょうさん、日本人だったら歌詞があれば歌えますよね」

「は?」

「一緒に歌いましょう」

「は?」


 1時間後にはステージの上に立っている日本人3人。「マイクどうぞ」なんて言われたけど、それだけは断わりました。留学生のクリスマス会にも参加しなかったのに、なぜ中国人の会に参加しているのかよくわかりませんでした。

 この出国培訓部には英語、ドイツ語、ロシア語、日本語とあって、日本語クラスは初級班も参加してました。彼らは「世界にひとつだけの花」を熱唱していたんですが、何回も練習し、振り付けも練習し、衣装まで揃えたりしていました。それに比べて中級クラスといったら…。

 で、その後、我々日本人3人は用事があるってことで、途中で抜けました。1時間後中級クラスの人から電話があって、

「私たち2位でした~!」

なんて。

 なぜ? あんなテキトーにやってなぜ2位? 初級クラスより上だったらしいですが、かわいそうな初級クラス…。これにこりずに日本語学習がんばってほしいものです。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-28 09:05 | 留学日記(成都世界)

こいつら!

怒るよ! へんしゅうちょうです。

 現在、CCTVの3、5、6、8チャンネルがフリーズしてます。おねえちゃん口開けたまんまやで。

 ま、それはそれとして。今日も新しくできたっていう食堂に行ったですよ。今日は中学生どもの食事時にあたってしまったらしく、中学生どもがいっぱいいたですよ。うるさかったですよ。短気なへんしゅうちょうはそれだけでむかついてくるですよ。

 そんななかなんとか服務員に「魚香肉スー炒飯」を注文し、待つこと20分。


 …20分ですよ。おかしくね? だいたい炒飯に10分かかってる時点でもうプツンといきそうなんですが、まあガキどもが大勢いるし、ガキどもは厨房にまで入ってガタガタ言ってます。中坊だけにね。


 …すみません。


 とりあえず、ここは中国だ、と思い20分我慢したワケです。そしたらさっき注文とりにきた店員が、「注文は?」なんて平然とした顔で言うんですよ。「さっき注文したろうが、ボケ!(注:意訳です)」と言って、俺は怒ってるぞ、との意思表示をしましたが、店員は笑顔で厨房に戻って行きました。

 そしてさらに待つこと10分。「魚香肉スー炒飯たのんだの誰?!」なんて声が、「おお、俺だ俺だ」と思いつつ手をあげようとすると、近くにいた中学生がそれを奪いました。む、コイツも同じヤツ注文してたのか。が、コイツは俺よりも待たされてるし、大人の余裕をみせて譲ってやろう。

 と、さらに待つこと5分。やっと来ました。目の前に置かれた「蛋炒飯」。ん? 蛋炒飯? 見間違い? イヤ、これはどう見ても蛋炒飯。すると店員曰く、

「あの中学生が注文したものと間違っちゃったのよ。アンタこれ食べて」

「は?」


 ナゼ?


 これが中国ではありますが、あまりにもムカツイタので、「こんなもんいるか、ボケ! 魚香肉スー炒飯作りなおしてこいタコ!(注:意訳です)」と結構なイキオイで言ってしまいました。てゆうか中坊、蛋炒飯と間違えんな! 厨房、蛋炒飯くらいサクッと作ってやれ!

 で、食い終わった頃には客は自分ひとりだけでしたとさ。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-27 09:04 | 留学日記(成都世界)

日々の食事

はやいやすいうまいへんしゅうちょうです。

 最近、飯にお金をかけすぎている、と感じています。といっても高くて1食15元くらいなんですが。日本で考えたらカップラーメン買って終わり、くらいの値段ですわな。が、これじゃイカンと。何がイカンのかよくわからんのですが、イカンと。もっと安くてうまいモン食いたいと。

 で、今日の昼飯は近場の店を開拓してみようと、外に出てみました。と、いつもの学校行く通りに新しい店ができてました。パッと見はまあまあキレイで、値段を見ると4元前後。てことで入って「魚香肉スー炒飯」を注文。なかなかいけるやんけ。普段は食が細くなっていて、小でも食べきれなかったのに(というか中国の小は日本の大)、今日は完食。

 家でボーッとしていると、あっという間に夕方。夕飯は久しぶりに学食で食べてみよう、ということで学校へ。米飯2両0.4元、煎蛋0.8元、キャベツとレバーの炒めもの1.6元、おひたし1元、免費湯、と、しめて3.8元ですか。安ッ! いや~、留学当初から学食の素晴らしさには気づいていましたが、改めて今日再認識したというかなんというか。

 どうも食に目覚めてしまったらしく、帰ってきてからも吉野家とかトンカツ屋のサイトを見てよだれ垂らしまくり。早く日本に帰って「豚珍館」のトンカツ食いて~!!


【コメント】

Re:日々の食事(12/26) i-momochiさん
安いですね!!!
いいなぁ、キャベツとレバーの炒め物なんて、栄養取りすぎになってしまいそうです。

水餃子などはありますか?屋台でペロっと食べたいですよ、屋台で。お腹に合うかどうかは別として、中国の人たちと一緒に食べたいんです。
でも、実際は学食とかで食べてる自分が・・・
(2004年12月30日 17時35分05秒)


Re[1]:日々の食事(12/26) へんしゅうちょうさん
i-momochiさん

編:こんばんは。

>水餃子などはありますか?屋台でペロっと食べたいですよ、屋台で。お腹に合うかどうかは別として、中国の人たちと一緒に食べたいんです。

編:水餃子ありますよ。2両で3元、4元てところでしょうか。水餃子の屋台はあまり見ないような…。

>でも、実際は学食とかで食べてる自分が・・・
-----
編:いや、学食で食べる人って思ったより少ないですね。たぶん最初だけで、そのうち外で食べるようになると思いますよ。(2004年12月30日 22時34分56秒)

[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-26 09:03 | 留学日記(成都世界)

成都式聖誕節

聖誕へんしゅうちょうです。

 アメリカではクリスマスを大々的に祝うようなことは控えはじめているようですな。他の宗教への配慮、ということで。いい傾向です。

 が、中国はアメリカではないので、相変わらず中国式にクリスマスを祝っています。取材がてら春熙路へ繰り出してみると、いつもの土日よりも人が多くなっています。というか中国については「多い」以上に多いことを表す形容詞を作ったほうがいいと思うのですがいかがでしょう。

 成都のクリスマスは、空気を入れたビニールバットを持って人を叩きまくるという、一風変わったカンジなんですが、何が楽しいんですか? 中国人のみなさん? 春熙路では10人に1人は警察っていうくらい警察が多く、叩きあっている人たちを警察が注意してたりしました。ガンバレ、警察。負けるな、警察。中国全土でこんなカンジなんでしょうか?

 で、雨も降ってるし、頭も痛くなってきたしで、帰宅。風邪が結構長引いていて、だんだんまた辛くなってきたんですが、意外にお誘いがくるのです。

「今日は特別な日ですよ~」とか「今日は一緒に過ごしませんか」とか、女の子から。日本ではこんなお誘いなかったのにッ! 素晴らしいッ! ビバ中国! なんですが、ホントキツいので丁重にお断りしました。結局ひとりです。

しかし、日本人は誰ひとり連絡してこないってのはねえ…。


【コメント】

成都のクリスマス 紅瓦寺さん
私も行ってきましたよ。天府広場は毎年4,5万人もの人が集まるらしいのですが、今年からダメになったらしく、春熙路へ。思いっきり叩き合ってきました。本気で叩くと本気で痛いので、あちこちで喧嘩が始まります。そういうところはソロ~っと避けて、健全な叩き合いの場へ。中国独特というか、成都独特のクリスマス?!成都人になった気分でした。(2004年12月26日 13時39分56秒)


Re:成都のクリスマス(12/25) へんしゅうちょうさん
紅瓦寺さん

編:こんばんは。

>私も行ってきましたよ。天府広場は毎年4,5万人もの人が集まるらしいのですが、今年からダメになったらしく、春熙路へ。思いっきり叩き合ってきました。本気で叩くと本気で痛いので、あちこちで喧嘩が始まります。そういうところはソロ~っと避けて、健全な叩き合いの場へ。中国独特というか、成都独特のクリスマス?!成都人になった気分でした。
-----
編:ビニールバットはまあ許す。が、イヤなのはあのスプレーね。アレ耳のなかに入れられたことがあったので。耳になんか入れる、みたいなプレイには興味ないんでねえ。成都人よくわからん!(2004年12月27日 02時55分25秒)


Re[1]:成都のクリスマス(12/25) 紅瓦寺さん
へんしゅうちょうさん
-----
うん、あのスプレーはホントにイヤだ(2004年12月27日 16時22分34秒)


Re[2]:成都のクリスマス(12/25) へんしゅうちょうさん
紅瓦寺さん
>うん、あのスプレーはホントにイヤだ
-----
編:だしょ?(2004年12月27日 21時10分38秒)

[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-25 09:01 | 留学日記(成都世界)

黄龍渓

無宗教のへんしゅうちょうです。

 日本人の大部分は無宗教か仏教もしくは神道のはずです。絶対そうだと思います。調査したワケではありませんが、そうだと思います。

 ま、宗教云々とはまったく関係ないんですが、黄龍渓というところへ行ってきました。もともと友だちと一緒に漢中へ行くつもりだったのが体調不良で見送ったため、「旅したい」気分を抑えられず、かといって遠出もできず、ということで近場の黄龍渓にしたワケです。「黄龍渓」と聞くと「黄龍」を連想しますが、そんな素晴らしい大自然が広がっているところではありません。黄龍渓は古鎮です。簡単にいうと古い街なみが残っているところです。朝7時に起きてしまったので、つい行こうと思っちゃったんですがね。

 で、新南門バスターミナルに行って、

「黄龍渓、1張!」

「没有!」

 好! 気持ちいい! 中途半端にサービスというのを覚えてしまった中国では、スパッと「没有!」なんて言われることも少なくなってしまいました。いいぞ! これでこそ人民! てことで、2つ隣の窓口へ(隣に行かなかったのはまた同じこと聞いてるのか、と思われたくなかったため)。

 で、聞いてみました。

「黄龍渓、1張!」

「没有!」

 好! 気持ちいい! これでこそ中国! その心意気に免じて黄龍渓に行くのは中止!

 というワケにもいかんのでどうにかしようと思い、そこらへんの係員にたずねました。するとその窓口で切符を買え、とのこと。ということで、もう一度…(違う窓口でね)。

「黄龍渓、1張!」

「没有!」

 好! 気持ちいい! ていうか、ふざけんな! と思っていると、どうももう切符が売り切れているようで、「外でバスを探して勝手に乗れ」ということらしい。

 と、外に出ると華陽行きのバスが停まっている。たしか、華陽まで行けばそこから黄龍渓行きのバスがあったはず。てことで華陽に行くと黄龍渓行きのバスがいっぱいありました。華陽から黄龍渓までは約40分。

 早速ですが、黄龍渓の感想はですねぃ。





 …パッとしない。


 そこらへん工事してて古鎮の雰囲気がなくなってます。道路なんか掘り返されちゃってるし。歩きにくいって。滞在時間2時間くらいで帰ってきちゃいました。前置き長かった割には黄龍渓についてほとんど書いてないんですが、あまり気にしないように。あまり小さいことにこだわらないほうがいいと思います。

 明日は洛帯にでも行ってきましょうかねえ。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-24 09:00 | 留学日記(成都世界)

アイキドー

全日本大会3連覇のへんしゅうちょうです。

 毎週火曜日は合気道の日です。今日は恐ろしく疲れました。なんかわからんけどいきなり筋肉痛になってます。股関節も痛めました。風邪もひいてます。心も病んでます。お金もありません。マイナス思考です。人見知り。挙動不審。奇妙奇天烈。摩訶不思議。奇想天外。四捨五入。出前迅速。落書無用~♪


 …もういい歳ですからね。ええ。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-21 09:00 | 留学日記(成都世界)

旅に出たい気分

昔から、へんしゅうちょうには旅をさせろ、と言います。

 実は同屋が旅に出てるんです。友だち4人と。どうも大理にいるらしく、今日電話があり、「楽しくやってるよぅ~!」なんて言ってたんですが、





 俺も旅に出たいっての! 同屋と一緒に行くのを断わったのは、ちゃんと授業に出席したいからなんですが、最近自分なりの学習法が身についてきて、「学校行く必要ないんじゃん?」なんて思ってきてるのです。

 そんな時、留学生宿舎から一個朋友来了。彼は国慶節の時に一緒に広元やらロウ中やら蜀の古桟道やらをめぐった人なんですが、彼が定軍山やら漢中やらのハナシをしだし始めるのです。

 こんなときにそんなハナシをされると、

「木曜あたりからちょっと行ってみようかな~」

なんて言ってしまうではないですか。すると彼曰く、

「あ、俺水曜日から行くつもりですよ」

って、オイ! お前もう行くつもりだったんかい! で、さらに彼曰く、

「一緒に行くんだったら出発を木曜に延ばしてもいいですよ」

 さて、どうしよう。なんか踏ん切りがつかんのです。ま、行ってもいいなあ、とも思いつつ、イヤお金も厳しいし勉強もしたいし…、とも思いつつ。

 回答を明日まで待ってくれるらしいので、ちと考えます。さあ、どうなることやら。


【コメント】

行かないで 小檜山さん
ええ!?へんしゅうちょう旅立っちゃうんですか?金曜の夜に晩会があるんですが。(2004年12月21日 19時39分48秒)


聞いてない へんしゅうちょうさん
小檜山さん

編:こんばんは。

>ええ!?へんしゅうちょう旅立っちゃうんですか?金曜の夜に晩会があるんですが。
-----
編:結局体調不良で断念しました。晩会のハナシは聞いてませんが、内容によっては参加したりしなかったり。(2004年12月22日 03時10分22秒)


同屋にご注意 新疆銀河さん
あなたの同屋が葉っパでつかまったという話しを聞きました 本当ですか(2004年12月25日 04時40分56秒)


Re:同屋にご注意(12/20) 茄子さん
新疆銀河さん
>あなたの同屋が葉っパでつかまったという話しを聞きました 本当ですか

実は学校から聞き取り調査されたんだけど。

傾奇者とIP一緒。バレバレ。頭使ってもっとうまくやれって。(2004年12月25日 13時30分17秒)

[PR]
by editor_in_chief | 2004-12-20 08:58 | 留学日記(成都世界)


寒くなってきましたね。 editor_in_chief@excite.co.jp
カテゴリ
お気に入りブログ
Blog Links
検索
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧