活字萬年堂



<   2004年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


中秋節快楽!

月餅嫌いのへんしゅうちょうです。

 昨日、8月28日は中秋節でした。と、昨日のハナシを書いているのは、今日1日フツーの日だったからです。何がフツーかって判断は、日記が書きやすいかどうかってところ。つまり、今日の日記は書きにくいので、昨日のハナシでお茶を濁そうと。すんません。

 で、中秋節。毎週月曜日にお邪魔している日本語学校の集まりに参加させてもらい、火鍋を食べてきたのです。また火鍋かよ…、と日本語で言いたいところでしたが(普段の生活ではムカツクことがあると、日本語で文句言ってます)、日本語学校の学生たちは日本語がわかるので心のなかで3回ほどつぶやいておきました。

 常々中国人たちには「俺は辛いのは好きだけど、すんごく辛いのはキライなので、そこんとこヨロシク」と言ってあるので、今回も気を使ってくれたらしく、「へんしゅうちょうさんは白い鍋を用意してあるのでそちらを食べてください」とのこと。ウムウム、そうだよチミ、わかってるじゃないの、とよそってもらった皿を見ると、



アンタ、赤いほう入れてんじゃん!

 まあ、白いほうばかり食べてても面白くないので、たまにはいいんですけどね。しかも今回のは思ったほど辛くはなかったので。あくまでも思ったほど、ですけどね。見た目は真っ赤で唐辛子もめちゃめちゃ浮いてて、さながら地獄絵図でしたが。

 成都で気をつけなくてはならないのは、火鍋地獄と乾杯地獄。ま、乾杯地獄は成都だけではなくて、中国全土でそうなんですが。中国式乾杯はまさに文字通り「乾杯」。乾杯と言ったら杯を空にしないといけないわけです。まあ、この日本語学校の人たちは日本式の乾杯を知っているので、「あ、日本式乾杯ですね」なんて言われるだけなんですけど。

 そんなこと言われてばかりもイヤなので、体力の続く限り「乾杯」するのですよ。酒弱いのに。あと、ホントに「乾杯」すると、ホントに感謝しているかのように「謝謝!」と言ってくれるので、また「乾杯」してしまうんですな。困ったもんです。

 とまあ、へべれけ気味で火鍋会を終えました。いつも曇っている成都では月は見ることができず、何が中秋かと。そんな中秋節でした。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-29 08:40 | 留学日記(成都世界)

コレって相互学習?

若葉マークのへんしゅうちょうです。

 毎週月曜日は日本語学校の授業に遊びに行くことになってます。これがねえ、結構楽しいんですよ。何がって説明しにくいんですが、このクラスの人たちの雰囲気が自分に合ってるっていうんですかね。あとは、自分たちは当然日本語を話せるので優越感に浸れるっていうんですか。悲しいですが、現在中国で生活していて優越感に浸れるのはここだけかもしれません。どうせダメ人間ですよ。

 授業終わったあとは中国人学生、日本人、先生とちょっとお茶しました。(「お茶する」なんて言葉はヘドが出るほど使いたくないんですが、編集者のくせに語彙が少ないんで、とりあえず使用)ま、それはともかく、オール日本語で会話してました。ここの中国人たちは結構積極的で、日本人と友だちになりたいオーラをガンガン出してます。出すだけでなくぶつけてきやがります。

「へんしゅうちょうサン、今日授業ガ終ワッタラ私タチト一緒ニオ茶ヲ飲ミマス。イデスネ!」

 このセリフが有無を言わせぬ表情で出てくるので、ある意味恐怖です。「イデスネ!」と聞かれたら、

「ハイ、イデス!」

と答えざるをえないでしょう。ま、中国人と友だちになりたいので、いいといえばいいんですが、もうちょっとやさしく問いかけてほしい今日この頃です。

 さて、タイトルの相互学習なんですが、この日本語学校の人じゃないんです。先日書いた、日本語を教えるのに「学費いくら?」と聞いてきた女の子です。日本語学校の人たちとお茶を飲んだ後、日本人たちと火鍋を食べてたんですが、その時突然携帯が鳴りやがりました。まあ、電話というものは大抵突然鳴るものなんですが…。

 そしたらその女の子から。これが結構やっかいなんですわ。以前から分かっていたことではあるんですが、聞き取れない。さらに相手の日本語レベルは「私は田中です」という教科書の例文を読める程度。キツイわー。名前が田中ならいいけど、確実にアンタ田中じゃないし。俺も田中じゃないし。我々の会話に必要な日本語の情報を一切知らないし。まだひらがなカタカナを完全に読めてない状態。ホント初心者やな、アンタ!

 ま、お互い様ですけど。でもこの子の日本語レベルよりも、自分の中国語レベルのほうがはるかに上。一連の会話で苦労してるのは全部自分。学費もらったほうがよかったんじゃないの? と自分に問いかけながらタクシーで帰宅しました。帰宅したらまたその子から電話。ちょっと遅くなったので、心配して電話してくれたんでしょうが、聞き取れないっての!

 そしてまた、「ん、ああ、…再見」と曖昧に返事をして電話を切りましたとさ。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-28 08:40 | 留学日記(成都世界)

2人部屋が1人部屋に

つきあいの苦手なへんしゅうちょうです。

 えー、しばらく日記書いてませんでした。ええ。飲んでましたよ。ああ、もちろん飲んでたさ。悪いか。




…すんません。

 今週末はいろいろとイベントがあって、友だちの少ないへんしゅうちょうでもそれなりに忙しかったのです。クソくだらない旅行に行かされたり(任意参加だけど)、同室のブライアンが部屋を出ていくというので、率先して引っ越しを手伝うこともなくボーッとしていたり、相互学習でひとつの意思を伝えるのに30分かかってみたり、まあそれはそれは忙しい毎日でしたよ。ええ。

 そう、ブライアンが部屋を引越したのです。なんか友だち3人と学校外の部屋を借りたそうです。今の留学生宿舎は1日20元、つまり月600元なんですが、ブライアンのアパートは月1500元。それを3人でシェアするので1人500元ですむ、と。設備も整っていて、今の部屋と比べると恐しくキレイらしいのです。ま、今の部屋が恐しくキタナイから、ということもあるかと思いますが、ま、そこは…ね。まだこの部屋に残っている人がいるんですからそんなことは言わないように。

 ま、自分といるのがイヤになって出ていったのではない、ということを心から祈らずにはいられません。

 ということで、1人です。2人部屋の寮費を払っていて、2人部屋に1人で住んでます。コレハオイシイ。ブライアンには悪いが、コレハオイシイ。ブライアンがいなくなって寂しいことは寂しいんですが、寂しいなりにこの2人部屋を贅沢に利用する方法を考えてみました。例えば、

1 1日おきに違うベッドで寝てみる。

 うわー、贅沢! 昨日は左で今日は右。毎日新しい気分で目覚めることができそうです。

2 1日おきに違う机で勉強してみる。

 これも贅沢! 昨日は右で今日は左。いつも新しい気持ちで勉強に打ち込めそうです。左の机で覚えたことは、右の机では忘れている、というくらい新しい気持ちで。

3 近くにゴミ箱があるのにブライアンが使っていたゴミ箱までわざわざ捨てにいく

 まさに贅沢! どのくらい贅沢かって、マクドナルドで割安のセットメニューがあるにもかかわらず、それを単品で購入してセットにするくらい贅沢です。



…コレってなんかサビシー。ドラえも~ん! いや、ブライアーン!

 話は突然変わりますが、『成都世界』のサイトが日本人留学生にバレてしまいました。すんげー書きにくい! ブライアンとか名前を出していたのがまずかったんだな、きっと。仮名にしておけばよかった。ブライアント(元近鉄)とか。


【コメント】

はじめまして 元部屋番号301さん
おそらく日本人留学生に教えたのは僕かと。。。
僕は7月まで四川大学に留学していました。
で、その頃からこのサイトを知っていたです。

留学楽しんでくださいませ。(2004年10月07日 23時51分00秒)


あ・・・ 元部屋番号さん
もしかすると「302」だったかもしれないです。
「0」は記念に持って帰ってきたんですけどね。。。
あのドアに付いてるやつです。(2004年10月07日 23時52分52秒)


Re:はじめまして(09/26) へんしゅうちょうさん
元部屋番号301さん

こんにちは。

>おそらく日本人留学生に教えたのは僕かと。。。
>僕は7月まで四川大学に留学していました。
>で、その頃からこのサイトを知っていたです。

編:あ、そーなんですか。初めまして。何か書き込んでいただければよかったのに…。ウチは2階で3階以上には行かないのでわかりませんが、「0」を持って帰るなんてすごいですね。1年後真似してみます(笑)(2004年10月12日 19時06分04秒)

[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-26 08:38 | 留学日記(成都世界)

互相学習

ノーと言えないへんしゅうちょうです。

 中国では語学学習のひとつの方法として、「互相学習」というものがあります。これは「ふーしゃんしゅえしー」といって、日本語を学んでいる中国人が中国語を学んでいる日本人と、お互いの言語を教えあうというものです。もちろんこれは日本語だけでなく、英語、ドイツ語、ハングルなどでもやっています。日本ではあまり見られないですが、中国では結構盛んです。

 成都に着いたばかりのときは中国人はおろか日本人の友だちもなかなかできず、「俺とふーしゃんしてくれる人はいるんだろうか…」なんて思っていたんですが。が。が、ですよ。今2人いるんです。2人とも女の子。以前の日記にも書いたと思うんで、気になる人は参照してください。(文脈とは全然関係ないですが、成都にいるせいか「さんしょう」を変換すると「山椒」が最初に出てくるようになってしまいました…)

 恐らく「ふーしゃん」は2人が限度ですよ。毎日の授業の予習復習もした上で、さらに勉強するワケなんで。土日はやっぱり休みたいし。が。が、ですよ。先週末に「ふーしゃんしたい」なんていう人がまた現れまして。この人はいま保留にしてるんですよね。どーしようかなと。

 だがしかし。さらに今日4人目が現れました。重い腰を上げて、春煕路まで服を買いにくりだした時のことです。ある店で自分の案内をしていたおねーちゃんに「いくら説明しても俺日本人だから聞き取れないよ~ん。はは~ん」てなことを中国語で言ったら、なぜか「日本語を教えてください」なんて。

「は?」

 てな感じでボーッと聞いてると、向こうのペースで話が進む進む。

「いつヒマ?」
「名前教えて」
「どこに住んでるの?」
「ケータイ番号教えて」

 くー、日本でもこんな風におねーちゃんから攻められたい! 中国に来ている男は絶対こんなことを思うはずだ。自分だけではないはずだ。きっとそうだ。そうだ。間違いない。

 で、驚いたのは次の一言。

「学費はいくら?」

「は?」

 ? 学費って川大の学費? 半年で約9万円だったっけか…、と思ったんですが、もしや、と思い聞き直しました。

「あなたに日本語を教える学費のこと?」

「はい」

 ! 「ふーしゃん」じゃなくて家庭教師求めてんのか、アンタ! これはオイシイ。かなりオイシイ。と思ったんですが、オイシイと思う悪魔と、お金とったら悪いよという天使がケンカしはじめました。さあ、どうなる! そしてそのケンカの結果、

「ミ、ミェンフェイ…(免費・無料のこと)」

 だーーー、天使勝っちゃったよーー。もっと悪魔頑張れよ! と思っても時すでに遅し。おねーちゃんは自分を拝みまくってます。もう後にはひけません。結局中国語も教えろ、コラ、ってことで話をまとめました。これで1人保留にしているとはいえ、4人か…。

 ホント日本でこんなんだったらいいんですけどね。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-22 08:38 | 留学日記(成都世界)

成都の天気

心の洗濯がしたいへんしゅうちょうです。

 ここ最近、成都も気温が下がってきました。そろそろ長袖の服が必要かなと感じています。が、成都に来る際にできるだけ荷物を減らしたかったので、服はTシャツ3枚ほどしか持って来なかったのです。ま、その後Tシャツを何枚か購入しましたが。ということで秋冬物は一切ナシ。じゃあ今日春煕路までちょっとくりだして服でも買ってくるか! と授業終了後、部屋に戻ったんですが…。いつの間にか睡眠。意識が戻ったのは5時でした…。あいやー。

 もう行く気ゼロっすよ。ええ。やってらんないっすよ。下手に寝たのですんごいダルいし。もーこうなったら洗濯! 洗濯! 洗濯! 結構たまってたんでね。と、宿舎のランドリーに行ってみると洗濯機が1台減ってる! しかも一番お気に入りのヤツが。ほかの2台は脱水時にこの世のものとは思えない音を出すんだよね~。もし1台修理に出したんだったら、まずほかの2台から修理に出してほしいんだけどね~。これが中国。と、洗濯中に小霊通(PHSのようなもの)にメールが。どうも契約後60日間無料で天気予報が配信されてくるらしい。

 読んでみると、「今晩は雲が多いでしょう。明日は白い雲が多いでしょう」



 …知ってる。ええ。雲が多いのは知ってる。てゆうか、逆に成都は雲が出てない日はない。こんな予報だったらガキでもできるぞ。真冬の北海道で「明日は寒いでしょう」なんて予報してるのと一緒やで。ま、無料だから許してやるが、金取られてこんな予報されたらたまらんですわ。

 てことで、明日こそは服を買いに…行けますかね?
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-21 08:37 | 留学日記(成都世界)

再び日本語学校

突っ込みどころ満載のへんしゅうちょうです。

 月曜の朝というものは、日本にいても中国にいてもダルいのは変わらないようです。授業出たくね~、と思いつつもせっかく授業料払ってるんだから、と思う貧乏人根性。しかし頭はまったく回転せず。ま、回転したところでたかがしれてるんですが。

 まあどうにかこうにか午前中の授業をこなし、昼食をすませた後は日本語学校の授業に参加。これは四川大学の中にあるんですが、大学の日本語学科とは別の学校のようなのです。先週も参加したんですが、中国人とも友だちになれるし、日本語の授業自体も面白いし、これから毎週参加させてもらうようにしました。

 で、なぜか授業の最後に3分間スピーチをやることに。意味がわからん。先生は「今日あったことでいいから」なんて言うんですが、まだ3時ですよ。今日あったことなんてダルそうに授業受けて飯食っただけっすよ。

 ひー、と思いつつ「昼に水餃子食べました~。5元でした~。うまかったで~す。はは~ん」なんて、自分でも全然面白くねえ! と突っ込みたくなるくらい面白くなかったッス。しかも中国人学生に「5元?高~い」なんて日本語で突っ込まれる始末。そしたら他の学生が「高クナイヨ、普通ダヨ」「高~イヨ!」「高クナイ~ヨ!」とビミョーな発音の日本語で論争が始まってしまいました。…まだ自分しゃべっ
てんねんて。自分置いてくなって。

 不完全燃焼で授業も終わり、中国人数名と火鍋へゴー。相変わらず火鍋は恐ろしい鍋で、胃袋は完全燃焼してました。誰やねん、こんな料理考えたの。ま、でもその後の会話は有意義で、授業よりも役立つことが多かったですな。もしかしたら授業なんか出なくて、この人たちとしゃべってたほうが中国語力アップしたりして。

 しかし、火鍋のせいで明日の朝が怖いんですが…。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-20 08:36 | 留学日記(成都世界)

サボりました

自分では臭いと思ってないへんしゅうちょうです。

 昼過ぎまで寝てしまった日にゃあ何もやる気が起きないもんです。しかも雨なんか降ってるとねえ。今日、サッカーの試合もあったんですが、すんません、サボりました。一応言い訳をしておくと、風邪気味だったもので…、ゴホッ。いや、ホントに。ブライアンがいつもエアコン22度なんかに設定しておくからですよ。

 で、雨があがったのを見計らって、外出。みんなはサッカーの試合してるのに。ホントすんません。今日だけは勘弁…。てことで春煕路周辺散策。まずはヨーカドー。納豆とレトルトカレーをゲット! なぜか納豆は冷凍食品と一緒に凍って売られてました。帰って食べたらシャリシャリ。あまり糸ひかない。むむぅ。明日シャリシャリじゃない納豆にトライします。

 次は本屋。成都のバス路線が載っている本が欲しかったんですが、見当たらず。中国語の旅行ガイドを立ち読みしてました。前々から中国旅行するたびに思っていたんですが、本屋に『地球の歩き方』そっくりの中国語のガイドブックがあるんです。中国ってホンモノを見つけるほうが難しい国だと思ってるんで、これもニセモンやろ~、なんて思って奥付を見ると、発行は日本になってる。会社名を見てみると、「大宝石株式会社」。そういえば『地球の歩き方』を発行している出版社って…、「ダイヤモンド・ビッグ社」。ってこれホンモノかい! 「ダイヤモンド.ビッグ」って「大宝
石」って書くんですなあ。

 ちょっと「へぇ~」と思いつつも、特に何も買わずに帰宅。とまあ日本でもよくあるだらしない一日でした。ん~、部屋が納豆臭いかも。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-19 08:28 | 留学日記(成都世界)

自分の中国語力

熱が出そうなへんしゅうちょうです。

 前日のブライアンの誕生パーティーを1次会で切り上げたのは、今日、杜甫草堂に行く予定があったからです。誰と? 中国人と。

 主催者は自分ではなく、同学について行っただけなんですがね。日本人は自分と同学の2名、中国人は5名、同学がちょっとした交流会で知り合った人たちで、自分と会うのは初めてでした。11時30分に杜甫草堂着。で、2時間くらいかけて中を散策。


 …てゆーか、散策にならん!

 お互いの語学力がイマイチなのでウオーキング相互学習のような形になってしまい、草堂内をどう歩いて何があったのか全然わからんかった。もう中国語の聞きとりに集中! 相手の日本語もイマイチだから下手に日本語使われてもよくわからんのですわ。なんかめちゃくちゃなまってる人もいるし。これで日本語検定2級とりました! なんて言われたら、2級ってどんなレベルなんじゃい! と言い返してやりたくなります。ま、自分の中国語力はそれ以下なので、なんとも…。

 2時過ぎに草堂観光は終了、自分は3時から相互学習だったのでそのまま待ち合わせの場所へ直行しました。相手は今年大学を卒業したばかりの女の子。まだ勉強したいらしく、アルバイトをしつつ日本語を勉強しているとのこと。彼女は日本語を勉強して3カ月ってことなので、お互いの語学力は似たようなものだと思われます。

 で、やってみたら想像以上に疲れる! 結局筆談に頼っちゃうんですなあ。会話がなかなか成立しない。が、これから週に1回、大学内でお勉強することになりました。ということで今日は半日中国語漬け。つーかーれーたー。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-18 08:28 | 留学日記(成都世界)

日本式焼肉

もう歳はとりたくないへんしゅうちょうです。

 今日は同屋ブライアンの誕生日。19歳だと。自分と10歳離れているワケだ。いいねー、若いって。なんか可能性を秘めてるカンジがするよねー。それに比べて29歳なんてもう可能性を秘めたまま腐っちゃってるよねー。イヤ、ほんとうらやましいわ。

 で、夕方留学生宿舎の1階ロビーに集合。でっかいケーキを2つも買ってきて、みんなで「Happy Birthday To You」を合唱。内輪のことだからいいですが、これが見知らぬ他人のことだったらはっきり言って大迷惑です。宿舎の玄関占拠して大声で叫んでるワケだし。なんか西洋人ってこういうところキ○ガイっぽいし。

 一通り儀式が終わると次は春煕路へ。なぜかイトーヨーカドーの5階、「哈日族」という日本式焼肉バイキングレストランに行ったりなんかして。誰が言い出したのかわからんが、なぜ中国に来ているアメリカ人の誕生日に日本料理を食べに行くのか。行ってみたら全然日本式じゃねーーー。コレ日本料理とは言わんぞ。

 では、ココでの焼肉の食べ方レクチャー。

1 熱い鉄板の上に肉をのせる
2 ちょっと焼けてきたら、しゃもじのようなヘラでひっくりかえす
3 もうちょっと焼けるまで、一風変わったハッピを着ている店員をながめる
4 もう焼けていると思うが、他国の人の感覚ではまだ焼けていない
5 まだ焼けていない
6 もういいんじゃないのかな?
7 え、まだ? と思う頃に味付けにとりかかる
8 え、焼肉のタレはないの?
9 鉄板の上で塩、胡椒、山椒、唐辛子をお好みでふりかけて味付け
10 ボーッとしていると、山椒と唐辛子の割合が多くなる
11 食べる。辛い

 という手順でいただきます。オプションとして、「12 翌朝も2度辛い」というサービスもついておりますがいかがなさいますか?

 その後みんなはバーだのディスコだの行ったようでしたが、自分は翌日予定があったので帰りました。どーも踊り狂っていたようです。実際、この日記は18日に書いているのですが、頼みもしないのに「12」のオプションがついてました。くーーーー。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-17 08:27 | 留学日記(成都世界)

パンダ

クマができやすいへんしゅうちょうです。

 今日は午後の授業はなく、初級クラス全員で「成都パンダ繁育研究基地」へ行ってきました。パンダがウジャウジャいて、じゃれあってるのが見られるのじゃあ! とちょっと鼻息を荒くしつつ、バス乗り場の体育館前へ。バスは2台。1台はエアコンのきいた豪華バス(ま、日本なら普通)。もう1台はオンボロバス(ま、中国なら普通)。バス乗り場に着いたとき、すでに豪華バスには席がありませんでした。しかたなくオンボロバスに。なんかメジャーリーグとマイナーリーグの移動の差を経験した気分。

 四川大学から猛スピードで40分。1時間以上かかると聞いていたのでかなりとばしたんでしょう。とにかく無事に着いてなによりです。で、中に入ってみると…。





死んでる。

 リアルに死んでるのではなく、死んだように寝ているだけなんですが。見た目死んでます。あれだけ大勢の留学生が大声を出したりフラッシュをたいたりしてるのに、ピクリとも動かない。どーしたもんでしょう。ていうかね、なんというかね、大きい声では言えないけど、…イマイチ。

 なんでパンダがウジャウジャいて、じゃれあってるのが見られんのじゃあ! と、とりあえずは心の中で思うだけにしておきましたが。2、3匹木に登ってるのを見られたくらいで後は遠くからちょろっと見ただけ。博物館もあるんですが、パンダと他の動物の模型がちょこっとあるだけ。2階は蝶、3階は脊椎動物の展示。もっとパンダを全面に押し出さんかい! と思いましたわ。

 というわけで不完全燃焼。どうも朝8時30に餌をやるらしく、その時間を狙って行くといいらしいです。午後は堕落したパンダが見られます。ま、朝起きられない人は成都動物園でも行ってろってことですな。
[PR]
by editor_in_chief | 2004-09-16 08:26 | 留学日記(成都世界)


寒くなってきましたね。 editor_in_chief@excite.co.jp
カテゴリ
お気に入りブログ
Blog Links
検索
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧